頭皮のお話

  • 2019.11.07 Thursday
  • 19:31

10月は七五三準備などでバタバタしていたのでブログを書けませんでしたが、ずっと書きたいと思っていました。

『頭皮について』

夏から秋にかけて頭皮があれているとか痒いとかフケが気になる、などお客様のお話を多く聞きました。

秋は夏の紫外線による頭皮のダメージや、気温の変動による頭皮の油分と水分のバランスの乱れ、夏の疲れからくる抵抗力の低下などから、頭皮が荒れてしまう方がいらっしゃいます。

私自身も疲れがたまると頭皮や肌のバランスを崩しやすく、お店オープン前には円形脱毛症もできたくらいです。

(準備のため睡眠時間が少なかったからだと思っています。)

 

頭皮は肌と一緒で4週間に一度新しい角質ができ、古い角質が剝がれ落ちます。(ターンオーバーといいます。)

自然に剝がれ落ちる角質(フケ)は目に見えません。

なのでフケが急に増え見えるようになるということは、ターンオーバーが乱れているという頭皮からのSOSなのです。

ターンオーバーが乱れた肌はバリア機能が低下し、外部刺激が皮膚内部へ及んでしまいます。(紫外線や強い薬剤など)

皮膚内部の新しい角層を生み出す基底層がダメージを受け未熟な細胞が増え、バリア機能が低下するという負のスパイラルに陥ります。

ここまで書いていて恐ろしくなってきましたが…

まずはバリア機能を高めて外部刺激からお肌を守ることが大事です。

 

ダメージを受けた未熟な角質細胞はインボルクリン(角質細胞を強くするタンパク質)が少なくなっています。

インボルクリンは加齢によっても発現量が低下します。

このインボルクリンの量を増やすことにより角質を成熟化し、バリア機能を高めることが敏感になった頭皮を正常化させる第一歩となります。

 

マヨラナ葉エキスというハーブにはインボルクリンの発現量を2倍に増やす効果がわかっています。

敏感になってしまった頭皮にはマヨラナ葉エキスを含む、敏感肌用のシャンプーをまずお勧めします。

ここにきてシャンプー?という方もいるかと思いますが、毎日頭皮につくものなので実は一番大事なんです。

実際どのシャンプーを使っても痒くなるしフケが出るといっていたお客様に敏感肌用のシャンプーをお勧めしたところ、

痒みもでずフケも解消されつつあるというお言葉をいただきました。

もちろんマヨラナ葉エキスだけでなく、ほかにも頭皮に良い保湿成分が多く配合されていています。

頭皮でお悩みの方はまずシャンプーを見直してみて頂きたいです。

またカラー剤やパーマ剤も頭皮が正常化するまではなるべく使用しないほうがいいと思います。

kitoca.hairでは頭皮に優しいカラー剤を使っていますが、それでも頭皮が敏感になっている状態ではお勧めしておりません。

ずっとできないというわけではありませんので、頭皮の状態に合わせてベストな選択を一緒にしていければと思っておりますので一度ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM